奥日光・尾瀬 自然観察 モデルコース

丸沼地区

■丸沼ゴンドラ山頂駅-自然観察コース 1周 約1時間
イワカガミやコケモモが咲く、巨岩をめぐる周遊コース。展望 台から日光白根山の噴火の跡や、尾瀬、谷川岳、浅間山など、 周辺の山々の展望もできる。
■丸沼ゴンドラ山頂駅-日光白根山登山コース 1周 約6時間
蒜山と別称される、関東以北最高峰日光白根山を、古の苔むした登山道から登り、弥陀ヶ池 や七色平のニホンジカ食害対策の保護電気柵を見てその問題を考え、大日如来、血の他地獄、 代地蔵、装束避難小屋などの名の由来から、日光白根山の山岳信仰についても学習する。
■丸沼高原ペンション村-丸沼遊歩道コース 片道 約2時間
標高1400mの堰止湖大尻沼から丸沼に辿る湖畔の道。欝そうとした樹林を縫う静かなこの 遊歩道沿いには、ミズナラ、セン、トチなどの広葉樹や、アスナロ、コメツガ、トウヒなど の針葉樹の巨木が観察できる。


尾瀬地区

■片品村大清水-尾瀬沼-桧枝岐七人・会津街道コース
主コース片道・尾瀬沼往復とも約6時間
上州側の=平峠と会津側の沼山峰の間に広がる尾瀬沼と大江湿 原を歩けば、貴重な高山植物の観察や、尾瀬沼畔の交易所や伝 説などの歴史を学ぶことができる。
■ 鳩待峠-尾瀬ケ原コース 往復5-8時間
尾瀬ヶ原へと続くブナの原生林の豊かな森は日本海側の植物の宝庫。通り過ぎるだけではも ったいない山道。平坦な尾瀬ヶ原に入れば、山ノ鼻から見晴まで6kmの湿原が広がる。
1600もの池塘が散らばり、その複雑な地形が故に多くの貴重な植物や野鳥、トンボやチョ ウなどの昆虫、両生類や哺乳類が共存している。その美しい景観には、2億年の永遠の時が 流れている。


日光地区

■湯元-戦場ケ原コース 片道 約3時間
90%が湧水と≡われている湯ノ湖西岸を経て湯滝を下り、火 山の噴出物のために蛇行した湯川沿いに戦場ヶ原を南進し、ゆ っくりと赤沼に至る。この原が乾燥化しているといわれている のはなぜか?また激しいニホンジカの食害はなぜ起きたのか?
自然と人間の関係を考える。



トップページ  アウトドア体験  観光モデルコース   ネイチャーゲーム

手作りふれあい体験  農林業体験  丸沼高原の動植物 丸沼高原のペンション  自然散策路